脱毛は意外と痛くなかったです

ワキと膝下の無駄毛が非常に濃くて、自分で無駄毛処理をするのが非常に大変だったので、勇気を出して脱毛を始めてみることにしました。
脱毛といえば肌によくなさそうなイメージや痛そうなイメージを勝手に抱いてしまっていましたが、実際にはイメージとは全くの真逆で、非常に肌に優しいお手入れ方法で自己処理するより格段に肌への負担が少なかったですし、痛みも殆ど無くて驚きました。

最近の脱毛サロンではその場では毛を抜きませんし、光を肌へと照射してもらえればお手入れを受ける事ができます。
毛穴を触ったり、肌を無理に引っ張ったりすることもなく、ただマシンで強い光を肌へと当ててもらうだけで痛みなしに脱毛することが出来たので、感動しました。

脱毛サロンに行ってから10日ほど経つと、自然と施術箇所の無駄毛が抜け始めて嬉しかったです。
生えている毛を指でそっと軽くつまむだけでスルリと無駄毛が抜け落ちる爽快感は素晴らしいものです。
実際に脱毛を経験してみて、脱毛は痛さや肌への負担がないことに気付かされました。
【参考情報】ミュゼ 市川

クレンジングは必ず落とす&ミネラルファンデで肌への負担減

どんなことがあっても1日の終わり、つまり寝る前には必ずクレンジングをします。
「スキンケアは多少手を抜いてもクレンジングだけは手を抜く(落とさずに寝る等)はしないで下さい」っと某デパートのBAさんに言われたので気を付けてます。
例えその日、万が一お風呂に入らなくても洗面台でメイクを落とします。

クレンジング方法は自分の皮脂を落としすぎないようにする為に水タイプかジェルタイプを使用、そして洗顔もお肌にやさしい弱酸性の洗顔フォームを泡立てネットに泡立て丁寧に顔につけます。
よーくぬるま湯で洗い流し、タオルで軽くふいた後にスキンケアにいきます。

最悪どーしようもなく疲れていて、メイクも落とさずベットにバタンキューになってしまっても1日位ならカバーできるようにファンデーションは24時間付けたままでもOKと謳っているミネラルファンデーションを使用しています。
そして次の日には化粧水や美容液を少し多めにつけて潤いを与え、悪化させないようにフォローします。

冷え防止とリンパマッサージをしています

学生時代は運動部だったので筋肉があったのですが、20代も終わりに差し掛かるころから、足全体の筋肉が落ちてしまったことで、ひざ周りを中心にセルライトがいっぱい目立ってしまいました。
足を出すような服装もできなくなってしまいました。

気になりだしてからは、ネットや本で調べて、リンパマッサージをすることにしました。

毎日の入浴中の体を洗うときと、お風呂上りに保湿クリームを塗るときに行いました。
マッサージは足を中心で、足の指先から足裏マッサージをして、ふくらはぎ、太ももとういう順番で足先から心臓に向かってリンパを流していきました。

毎日していると、足首がほっそりとしてきて足全体が細くなりました。
目に見えて効果が出てくると、顔や腕、背中も気になってきて、体全体を自分でできるマッサージを毎日するようになりました。

体のめぐりがよくなって体調もよくなってきたので、それからはずっと全身をマッサージをするのが日課になりました。
背中や肩こりもよくなり、顔の肌の調子がよくなりました。